現在のところ名称未定
PCゲームなどのプレイ記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/09/19(土)   CATEGORY: 未分類
拍手レス
無礼会にお邪魔してまいりました。
fibulae(←グーグル画像検索結果に飛びます)という安全ピンの存在を教えてもらいました。右下にタナッセみたいな人が。タナッセのひらひら布止めてるのきっとこれですね!止めてなくても勿論いいけど!
後はフィアカントボディビル選手権と陛下と踊るのと手袋プレイと殴られるタナッセが楽しみです。
待ってる!

羊様主催のクレッセとお茶飲みたい同盟が設立されたそうです。
正直クレッセに対する印愛あんま高くないからなー入れないかなーと思っていたら印友でもよいとのこと。
フフフ、印愛はイルアノに分がある感が否めないですが、クレッセに対する印友ならモゲるほどありますよ!
という訳でリリアノ×クレッセSSが書きあがったら……入るんだ……。
書きあがらなかったら困るので宣言しておきます。

続きから拍手レスです。
SSに拍手どうもありがとうございます。
>えり様
拍手レス書いてたらリアルタイムに!
えりさんのちびリエとか、ゲド戦記についての文章とか、すごくインスパイアされたというか、自分の中でパズルのピースがすこーん!とはまったような気がしたので拍手コメント入れに行きたかったのですがSS書いてて行けなかったので改めて行きます。
公式で外伝の連載終わったら私もイルアノ書きたいってすごく思いました。

愛とか友な八番SS見られちゃった、見られちゃった恥ずかしい。
読み返されたらなお恥ずかしい。
ヴァイルの告白シーンは絶対誤植とかあるとか思いつつ恥ずかしくて未だに読み返せないです。愛してるて。愛て。
えりさんのピュアな文章が私の恥じらいツボを刺激して私って実はこんなに乙女だったのね!とか思ってしまいます。何が乙女だいい年して、という声は聞かないことにしつつ。おばはんやから愛とか書くと恥ずかしいねんホンマw

やっぱこう、諦め早すぎるのも、得られたはずのものを逆に遠ざける結果になりがちで良くないですよね。
私は最初にヴァイル愛ルートやってた時、ヴァイルの方から告白してほしいがために、「告白」を諦めさせてたくらいなので、何かこうやっぱりレハトの方から好きだ好きだ一緒にいるチューさせてってだけじゃなくて、いっぺんでいいからヴァイルにも諦め悪くなってほしいとか思っちゃうんですよね。
いや、憎悪ルートのヴァイルはむしろ私の予想の上を行く諦めの悪さでしたけど。まさかの監禁+異性選択。
そこはもっとすっきり追放とかで行きませんかヴァイル君。
監禁おいしいけど……すごくおいしいけど……。
後ちょっと、「レハトが攻略キャラを補完する」じゃなくて「キャラがレハトを補完する」みたいなことを以前拍手で話したことがあって、じゃあレハトの補完って何、とかそういう部分もあるかもしれないです。

ミーデロンの詩、文中詩ってテーマ的なものを書き込んどくのに便利なんで、最初は冒頭部分にちょこちょこっと真似して書いてたんです。
「真実の愛を我に与えたまえ」とか何とかそんな感じの恥ずかしい詩だったんですが、でも原作のミー君見返したらやっぱり「こ、この圧倒的にポエミーな言語センスは真似できないぜ……」ってなって消しました。
という訳で修辞法の勉強に行かれるなら私も是非お供させてください。



>想良豆様
想良豆さんを見習って拍手のコメントスペースを大きくしてみましたイェア。

ミーデロン萌えktkrwww
どこまでもマイナー街道を突っ走る想良豆さんは漢やでw
ちょっと最近フットワーク悪くてコメントとか送れないですが、想良豆さんの活躍から目が離せません。
弟モゼタロウ+姉モゼーラとか、その発想はなかったー!
モゼーラが消されてなくてちゃんと立場があるとこがすごくいい……愛を感じて……。

ミー君(愛称をつけてみた)、最後に詩をくれるそこらへんのびみょい健気KY?を感じ取って頂けて嬉しいです。
ヤツはそもそもがノーティの兄貴だけあって、きっとタナッセと似たような詩人のKYさっていうか鈍感力みたいなものがあると信じてます。
もともとの話は単なるユリリエ+レハトの微妙な友情モノで、オチが「愛を知らないレハトが愛を知ることによって詩を理解する(だからミーデロンのだっさい詩に泣いてしまう)」とかそういう感じだった頃の名残でうっかりミーデロンが残った感じなので、途中で話が微妙に変更になった時よほど消そうかと思ったけど消さなくて良かったです。
ノグレイ伯爵は頭文字ノが三人になったという理由で消された。
中身的に「男と男の間に命を賭けた戦いが(ry」だからレハトに惚れたミーデロンがヴァイルに決闘を申し込むとかも考えましたけどあらゆる意味で瞬殺なのでやめました。ヴァイル様つおいお……。
ごめんねマルチエンディングのゲームなのにレハ子はヴァイルの嫁とか要らんこと言って気遣わせちゃってごめんねレハトさんは皆の嫁で時々ヴァイルの嫁でFAでw

レハ子はあの人どーなんでしょうねw
ユリリエと似た者同士だけどそこまで己の主義に殉じる気概があるわけでもない微妙さんという設定なのでああいう雌猫にしてアホの子みたいなろくでもない女になってしまったわけですが、可愛いと言って頂けて救われました。
ユリリエもあの人結局あれかなって、すぐ別れちゃうのは元カレ連中に何か問題があったわけじゃないっていうか。
ノースタスってつくづくかわいそうな人ね★とか思います。
ノースタス×ユリリエの復縁モノとかあったら喜びます。私が。
ユリタナも嬉しい。モゼレハも大変嬉しい。
今「モゼタロウは社会の窓から世界を睥睨しているようなそんな感じ」って書こうとして社会の窓てぱんつじゃねってなりました。パンチラモゼモゼ。



>18日の方
コメントありがとうございます。
これブログでの番号は八なんですが、ローカルでの番号は四なんですよ。
読みきりSSでここまで長いの書いたの初めてなので、四番目に書き始めて八番目に書きあがった!なっが!なっがい!ぎゃー!
という感じで一人でうすらぐったりしてました。弱い。名称未定弱い!しょぼい!w
いつも大体十~十二キロバイトくらいにしてるのですが、今回三倍程度書いてるので筆力的にもいろいろと筆が至らなくてお見苦しい点あるかと思いますが、冗長な感じしなかったですか、良かったです。
そう言って頂けて安心しました。いや本当心配だったので。

ユリリエって完璧に見えてやっぱりちょっと生き急いでいるというか、ズレてる気がするので、誰かユリリエを幸せにしてあげて欲しいです。
誰かって誰だって話ではありますが、「本気」とか見ると、ユリリエが本気にならないからいつまでたっても本当の愛が見つからないように見えますし。
ユリリエは友情ルートが一番安定するように見えますが、それだとユリリエの根本的な問題は解決しないし……とぐるぐるしてしまいます。
うーん。

ヴァイルの台詞は書いていて大変恥ずかしかったのでときめいて頂けて本当良かった……「諦めない」て!「愛してる」て!愛て!愛て!愛!愛!みたいな。
憎悪モノだと全く恥ずかしくない「愛してる」という言葉を真顔で言うとなぜこんなに恥ずかしいのでしょうか。愛してる……。


>九野人様
二個まとめました。宿題の答えはタナッ子150%ということでFAね。100%超えてる部分は胸です。

今回予告はそのまんま内容の要約のつもりですよう(白々しい顔で)
でもノーティvsレハ子のガチ殴り合いとか書きたいですよね。
もうちょっと言うとヴァイルさんとレハ子の百合で殴り合いとか。両方が同じ男に惚れるってのがかなり厳しいですけど(それ以前に百合が厳しいw)
ユリリエを巡ってノースタスとガチ決闘はありますが、やっぱ女同士での引っ掻きあい泥試合は浪漫だぜ。

タナッセとは逆の意味での生殺し。理論武装のためにひたすらヴァイル生殺し。
「愛してる」という言葉が今回かなり恥ずかしかったです。
ノーティ愛してるー!私の中ではゆる巻き低身長美少女。
ヴァイルって「嫉妬」で相手がモゼーラとかグレオニーみたいな格下だと比較的諦めが悪いというか、かなり強硬に出ますけどありゃ使用人を空気同然に見てるからでしょうかね。
王様なって強気になるってのはありそうです。
とはいえ、いかに篭りで断絶させずに持っていくかみたいな処はもうちょっと煮詰めた方が良かったかもですね。

わーいゆりりん褒めてくれてありがとうございます。
単にヴァイルに横からかっぱらわれただけで、元々ネタ段階ではゆりりんとレハトの関係性が主眼だったので嬉しいです。
ユリリエ友情B(性別女)はいわゆる処女同盟ってやつになるんでないかと思います。
恋に恋しつつ、実は男のこととか割とどうでもよくてお互いが一番大事、みたいな関係性って言うか。
だからどっちかに彼氏ができると崩壊しちゃう感じの関係性。
ってなわけで最初はエロあったですよ!w
ゆりりんと百合寸前にべったべた→うっかりヴァイルと一晩の以下略→処女同盟崩壊。
勿体ないからエロシーンは別のでリサイクルしよう、うん(ひぃ)

や、文章前よりちょっとキャラ目線寄ってます? やったw
でもこれ三十キロバイト以上あるんで、正直意識して文体いじるほどの余裕なかったです。
た、たいへんだったお……。愛とか友とかはすごいたいへんって学習したお……。
読む方も相当大変に違いないお……。
正直めんどくさすぎて自分でも読み返せなかったんですさまじいミスとかありそうで怖いお……。

ユリリエ友情B(女)が処女同盟なら、篭り通信なヴァイル友情(男)でエロ本はさしずめ童貞同盟だと!思うな!w
エロ本ねたから四日ほど更新してなくて、その間の連絡に使われてたってのもちょっとあるんですけど、それでもエロ本ねたすごい拍手数戴いてエロ本とエロ文士の底知れないパワーを感じました。

兎鹿の可愛さを描写しようとしてむしろはみはみされてるヴァイルに目が行ってしまうだって……?
個人的には望むところですが!w
ちょっといけないところをはみはみされて悶える様とかねっとり描写して戴きたい。
hima-jinさんのね!はみはみルージョンとか超滾ったから!

私とエロ文士の間に厭味な17歳だったという共通点が見つかって個人的に印友だだ上がりです。
当時の黒歴史については……いつか、ゆっくり語りましょうね。へへへ。


>今井至様
こちらからはじめまして。昨日(今日だ)は無礼会で大変お世話になりました。
今井さんと一度お話したいと思って潜伏してたら本当に会えて未定カンゲキです。
勿論ほかの方と話せたのもすごく嬉しいですが!
結構空気読めてなくてアレなことも言ったかもしれませんが、私としてはすごい面白かったです。
今まで無礼会あんまり行ってなくて大変もったいないことをしました。
把握さんは私と今井さんの嫁でよろしか。はぁはぁ。
はっ、違いますよこれは雌猫ではなく博愛主義ですよ、多分。

おおお、勿体ないお言葉を頂戴してしまいまして。
そ、そげに褒めても戴いても私の脳汁くらいしか出ませんぞ。
脳汁よりレハト故郷の酒、酒よりモルポカリ@AMさん。

いやでもネタ的にも自分が今まで書いてたのより一段階複雑で(何というか、ヴァイルとレハトの関係性が変化して、さらにユリリエとレハトの関係性が変化するというか)、分量的にも結構しんどくて、私のミジンコ並みの脳みそでは結構オーバーワークだったきらいがあるので、褒めて頂けて良かった……いや何と言うか、キャラ崩壊覚悟でアタックしたのは間違ってなかったのね……みたいな。
ヴァイルがものの見事にキャラ崩壊かました感は否めないのですが、エロ文士が「理論武装で何とかなる範囲」と仰っていたので、何とかなってたと信じることにします。
何と言うんでしょうねこういうの、皆さんに背中を押していただいたような気分と言いますか。事後ではありますけども。
他にヴァイル×レハトで愛とか友とかだとあれです、花子さん家の「煌々し、君への道を」ってSSなんですけど、すっごい糖度高くて幸せになれますよ!
篭りの間の痛みやら何やら真っ向から書いたのあれが初なのではなかろうか。
もし未見でしたら是非ご覧になって頂ければと。
あれ、もしかしてカップリングの問題じゃないかな、うむむ。

手袋プレイ大変楽しみにしてます!
トッズですかグレですかローニカですかー!
会話の流れ的にトッズかなという気がしますけど、でも誰でもおいしいです。
むしろ3Pでもいいよね……。手袋が四つになるよ!
手袋四つとか外し放題だよ!w


>御剣様
見 て い る よ ☆
ふふふ、全身舐めるように……見ているよ。
ってなわけで未定です。遅くなって済みません。
同士ですよね同士ですよねいや状況のみならず方向を同じくするという点では同志なのかな。
行間からだだもれる謎のぐったり感!漏れてた!読まれてた!w
そして読んでいた!
いやはや、日記にほら、なぜタナッセを殴ってしまうのだろうという葛藤を綴っていらっしゃったじゃないですか。
それを見て何というか、分かる、分かるぜ、私もなぜヴァイルを殴ってしまうのだろう!好きなのに!という共感を感じましたね、うん。
最近見るも恥ずかしい愛モノを書いてみたことによって自分の中でのわだかまりは溶けた気がするので御剣さんもいかがですか、タナッセ×レハトで200%いちゃこらの恥ずかしい愛モノ。
でもね、昨日無礼会に行ったらですね、「タナッセはひどい目に逢ってナンボ」みたいな話になりましてね。
確かにタナッセってやらかすことがやらかすことのせいか、元々憎み合わないと愛し合えない部分があるせいか、「そうだよね殴れば殴るほど結果的に愛が深まるんじゃね」みたいな気がしてきてですね。
レハトだって女選んじゃえば結局半端にDVったところで「嫌いなのに好き、この気持ちをどうしていいか分からない」みたいなそういう可愛げで済みますし。
いやタナッセスキーの間ではこんなの自明の理かもしれませんが、私昨日までタナッセについてあまり深く考えたことなくて(ひどい)。

それにしてもタナッセは何で「告発しない」で反転愛情になるんでしょうね。
「神の業」で見つめられた瞬間反転するならわかるのですが……ううむ。
むしろ「神の業」終了の時点でレハトにベタ惚れの方が個人的には萌えますね。
勿論憎悪でもおいしいですが!w
彼が処刑台の上でただ愛か憎悪かレハトのことを想う間、篭り中のレハトは「今頃タナッセ殺されてるんだろうな……」と憎悪に満ち満ちてにやり。むしろ歪んだ愛でにやり。
死によって繋がるギリギリの感情って何かこう、くるものがあります。
というわけで私の中で「罪人の耳を震わす声が我が物なら」が神がかっててですね、htmlのタイトルが「愛をこめて」になってるとことか何気にものっそ滾るんですが残りは後でそちらの拍手に詰めます。ぎゅう。

バタイユ仲間が……!w私は眼球譚が一番読みやすくて好きです。
眼球譚はちくま学芸文庫の「マダム・エドワルダ」に収録されてるやつのが一番入手しやすいと思います。
大きい本屋さんに行けばちくま学芸文庫のコーナーか現代フランス哲学とかのコーナーに大体あると思います。
バタイユ、評価的には異端のシュルレアリストと見る向きもあるみたいですが、シュルレアリスムって不思議と絵と文章に限られてて、音楽ってなかなか見かけない気がします。
私はニコニコ動画でボーカロイドの電子音声を大喜びで聞いてるレベルなのでイマイチ音楽に対する才覚は庶民なのですが、ジョン・ケージという方の四分三十三秒とかいう音楽はシュルレアリスムなんですかね。
ウィキペ見たら時代的にちょっとズレがあってがっかりですw
page top
Copyright © 現在のところ名称未定. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。