FC2ブログ
現在のところ名称未定
PCゲームなどのプレイ記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/08/01(土)   CATEGORY: 未分類
二次創作キットだって……!【ローニカ愛情A,裏切,トッズ愛情B,憎悪A】
まさかの二次創作キット配布にときめきが止まりません。
完成させられるか分からないけど挑戦してみます。
丁度ローニカとトッズ攻略してたところだったのでサンプルシナリオ楽しく読めました!

以下ネタバレ本文。
さてさて。トッズ攻略に乗り出すことにしました。
例によって理由はない。
ただトッズ愛情Bが見たかっただけです。
「想い人の正体」って何!?

愛情Bはトッズとローニカの二股です。
ローニカたんのさりげない気遣いにときめきます。
レハトに合わせてくれるっていうところがね!
今までひたすら攻略キャラの顔色を伺いつつ相手の趣味に合わせる生活をしてきたレハトにとっては心の癒しといいますか。
ほんと素敵ローニカたん!
頑張りつつも「レハトわかんにゃーい」みたいな感じで子供っぽくしていた方がウケは宜しいのかしら。
ステータス判定も特になさそう? レハトわかんにゃーい。

夜中にレハトが目覚めると、ローニカたんが侵入者を撃退していました。
彼はそもそもの役割が護衛のようです。

うーん……
ヴァイルと運命の恋をするのもタナッセと詩を書くのもサニャと親愛を育むのもトッズに構われるのもティントアと神について考えるのもルージョンの目的に介入するのも、何もかもがもともとこういうローニカの献身あってのこと……だったんですね。
リリアノとかローニカに守られているからこそレハトはこうやっていられるわけで。
うー……親の庇護を受けながら生きていることに気づいてしまった思春期の少年のような気持になってしまいました。


うおう、ローニカとトッズ両方にいい顔してる間に予定してない嫉妬イベントが!
ローニカも嫉妬するんですね……。
そこの嫉妬イベントでちょっと印愛を入れ替えてローニカの方を上にしてトッズの嫉妬も見ました。
トッズたら、レハトが他の人とめあわされても仕方ない、ね……ウソこけ。
我慢できないくせに。今も嫉妬してるくせに。フフフ。

しかし、それがいけなかった。

レハトの一番ではないことを悟ったトッズ、まさかの反転憎悪。
他のキャラはレハトが心にもないことを言っても結構騙されますが、トッズだけはダメですね……完全に読まれてます。
元々トッズの愛情ENDを見る予定だったのですが、これで見られなくなりました。
しかもローニカの愛情ENDはローニカを追いかけ続けて必須イベントをクリアするもしくはトッズの好愛が高いことが条件らしく、そちらも不発に。

あー、嫉妬が見たいという出来心がいけませんでした……。
ばっちしトッズ殺害C。そして憎悪A。
でもこれはすごい。ヤンデレとかいうのともまた一味違う凄味があります。
ヤンデレ時のティントアは相手のことは考えてないけど、トッズはあくまでも微妙なレハトの内面を読んだ上で、それでもなおやってる辺りが。
そしてエロい。
心をくれないなら体をよこせ。
男を選んでおけば逃げられたのだろうか……いやー、こりゃなしくずしに以下略なんでしょうね。
レハトも一番じゃないだけでトッズのこと好きなのは好きだしなぁ。


トッズが反転憎悪する前からごにょごにょとロードしてもう一回。

ばしばしローニカのイベント起こしてるのですが、ローニカがレハトの侍従についた理由がどうにもきなくさいです。
ローニカは四代のネセレを見ていて。リリアノを見ていて。
うーん。場合によってはレハトを始末するつもりで連れてきたと……?
昼食に誘われた時ヴァイルを断ってローニカを取るとヴァイルが侍従の悪口を言いますが、以前それを見た時は「ヴァイルにしちゃ下世話なこと言うな」と思っていたのです。
でもヴァイルの言うことは必ずしも杞憂ではなかったと言うことですか……。

しかしたとえ最初の目的がそうであっても、現在のローニカのレハトへの庇護愛みたいなものは多分本物で。
レハトが自分が家族だと言った時のローニカの動揺がいいです。
家族か……ローニカ愛情ENDだったらそういう路線もいいですね。

トッズと普通に二股かけつつ、最後の日を迎えます。
印愛と好愛が高いだけじゃローニカに告白しても振られますね……必須イベント飛ばしてるのか?
と思っていたら図々しくもトッズが出てきました。おおう。
裏切Cのティントアはまだメインがティントアだったので分かりますが、トッズは完全に二股というか、これじゃローニカのEND見られないんじゃ……。
まさに不意打ち。
いやー、でもこのトッズのだだもれる愛情表現たまらんですね。
レハトにベタベタしつつも、ローニカに鋭いセリフ。

「あんた、レハトに何をした?」

あー……
これは……

さすがトッズです。
トッズの前で隠し事ができないのは、レハトだけではありませんでした。


…………ローニカてめぇこの野郎。

さぁ岐路に立たされたレハトが選ぶのはトッズか、ローニカか。
仮にトッズの言うことが事実だったとしても、ローニカがレハトを何度も身を呈して守り続けてくれたことは事実です。
ここは敢えてローニカを選択。

振られたトッズはローニカの死を待つと言い残して消えます。
これ以上トッズにつきまとわれちゃたまらんので男を選択。

ああ!
そうだったこのゲーム攻略対象と同じ性別選ぶと基本的に別ENDになるんだった!

ローニカ裏切を回収しました。
そうか……そうなるのか……それにしてもドゥナットは本当にロクなことしませんね。


最後の日をロードロード。再度ローニカを選択。今度は女になります。
おおう。くっつくことはないですが、というかそもそも他所に本命のいる二番手ではありますが、一応レハトは恋愛対象として愛されていたようです。
家族愛ENDではなかったのですね。
ローニカ、恋はしても決して手は出さない良いロリコンです。トッズは見習うとよいよ!w

ローニカ愛情Aを回収。


またも最後の日をロードしてトッズを選択。
誘惑者とかになると何かと忙しいレハトです。

去って行ったローニカを見送りつつ、トッズが言います。

「あいつは元の世界に帰るんだ」

え、何……ローニカにはもっと裏があるって言うんですか。
昔から王権の裏の部分を担っていたと、そういうことですか。
中途半端に起こしたローニカのイベントからは、リリアノへの愛と過去にネセレの死を看取ったくらい、レハトが偽物なら殺すつもりだったくらいしか分からなかったのですが、これはローニカのイベントも全部見た方がよさそうです。

神殿で女を選び、トッズ愛情Bを回収。
愛情Aのドロドロぶりに比べて随分と穏やかなENDです。
トッズの最初の印象がそのまま続いた感じの。
まぁ、もう戻れませんけどね……ただの商人と城の子として市でキャッキャしていたあの頃にはね……。

今度はトッズを選んだあと男を選んでみます。トッズ裏切ENDですね。

んー。
ぐちぐち言ってヤンデレると思いきや、タナッセよりさらに冷静なトッズ。
タナッセは感情を抑えていただけで一応悲しそうではありましたが、トッズはまったく動じてません。
もう反転憎悪さえしないのだろうなという感じ……ああ、これはあれです、二股かけて大立ち回りした揚句にどっちも裏切ってさっさと男を選択したレハトに、同属のにおいを感じとったとか、そういう感じ。
なんつーか、ピュアで我が身を省みずに一途な愛情を見せるレハトに自分にないものを見出したからこそトッズは情が移ってレハトのことを好きになってしまったのであって、だからレハトが他人を切り捨てて保身に励む同属の生き物であるのなら最初から別に好きになることはなかったというか。
あっ思ってたレハトと違うんだ、じゃあいいやもう、みたいなあっさりとした諦め方です。

そういやローニカもめちゃめちゃ冷静でした。
まぁこっちは、レハトの選択を受け入れてくれてる感じの冷静さでしたが。
でもローニカは最初からレハトとくっつく気がないので他キャラよりも冷静でいられるんでしょうね。



・攻略支援版だと別に難しくないルートですが、フリー版じゃトッズ愛情Aを見るだけでも結構しんどかったのに同じ条件でさらにローニカと二股とな。うーむ。
・ステータス判定はトッズの方だけで大丈夫だと思います。
武勇+交渉?
ステータス判定イベントに成功してトッズの好愛を早めに上げられれば余裕がありそうです。
・ローニカの反応が読めないので厳しいかも。
同調するような発言は好友が上がるので、ちょっとずらした選択肢で?
「レハト分かんにゃーい」は意外と有効です。
告白しても必ず振られるので、フリー版だと好愛を掴みにくいかも?
背景の色でなんとか判断していくしかなさそうですね。
・トッズの「父と名乗る男」を発生させる必要があるようです
告白すると発生しました。
トッズは多分このイベントが終わらない限り好愛35以上にならないのじゃないでしょうか。
・印愛はトッズの方を上にしておくこと
ローニカの方が上だとまさかのトッズ憎悪ENDですははは。


page top
Copyright © 現在のところ名称未定. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。